乾燥肌対策とスキンケア

乾燥肌対策について。乾燥肌の原因?乾燥肌へのスキンケアについて。乾燥肌対策とスキンケアについて詳しく解説いたします。


スポンサードリンク

乾燥肌対策とスキンケア

乾燥肌対策とは?
乾燥肌の原因は?
乾燥肌スキンケアするには。
乾燥肌対策スキンケアについてご紹介致します。


乾燥肌とは■

乾燥肌とは、皮膚を覆っている角質層の水分不足や、
皮脂膜が壊れての皮脂不足により、
冬など乾燥すると粉をふく状態です。

逆に、脂浮きや吹き出物にあまり悩むことはありません。



乾燥肌の原因■

乾燥肌の原因として考えられるのは・・・

・紫外線
無防備な日焼けによってできるシミなどだけではなく、
肌に徐々に蓄積されておきてくることによって乾燥肌になります。


・冷暖房
エアコンによるお乾燥です。
お肌の乾燥は肌の大きなトラブルの原因になります。


・加齢
年齢を重ねるごとに、
お肌の老化は皮膚を構成する細胞の働きが低下し、
基本的な肌のサイクルが乱れて生じてきます。
その為、角質層の水分保持量や皮脂の分泌も低下するため
乾燥肌になります。


・洗顔
洗顔やクレンジングで肌のセラミド(角質細胞間脂質)や
NMF(天然保湿因子)が流れてしまい、乾燥肌になります。


・先天的(遺伝)
生まれつき乾燥肌


・ストレス
肌は身体の中を映し出す鏡といわれるように、
体調の悪さはすぐに反映されます。
精神的、肉体的ストレスによる乾燥肌


・食事
バランスの良い食事が出来ていなかったり、
肌にとって必要な栄養素が不足していると
乾燥肌の原因となります。



乾燥肌対策

乾燥肌の対策として・・・

・室内の湿度
冬などは特に暖房は必要最低限にとどめ
お部屋の湿度を肌にとって最適な湿度60?65%に
心がけるようにしましょう。
通常は、乾燥しがちですので、
湿度による乾燥肌対策は重要です。


・洗顔
顔をぬるま湯でぬらしてから、よくあわだてた洗顔料でやさしく洗い、
すすぎは流水で十分にしましょう。
その後、顔全体にたっぷりと保湿します。
ゴシゴシと洗っては必要な皮脂まで落としてしまい、
水溶性のNMFやセラミドまで減少させてしまいます。
間違った洗顔は老化を早めますので
きっちりとした洗顔で乾燥肌対策を。


・保湿
洗顔後やお風呂などの水分が乾かないうちに、
保湿成分(ヒアルロン酸やアミノ酸など)が
含まれている化粧水でお肌に水分を補ってください。
そして、化粧水によって補った水分を、簡単に乾かないように、
乳液や保湿クリームなどでガードして乾燥肌策しましょう。


・お風呂
熱すぎるお湯に入ると、肌を傷めると共に皮脂を取りすぎ、
乾燥させます。
ぬるめのお風呂にゆっくりと入って温まるようにしましょう。

皮膚の乾燥する冬場に、
乾燥のためにかゆみを覚えるような乾性肌の人には、
保湿成分の含まれた入浴剤も対策として効果的です。


・食事
規則正しい生活主観とともに、
バランスのよい食事が大切である。
たんぱく質、糖、脂肪のバランスがよいことである。

皮膚に必要とされている栄養素の中でもビタミンは
特に大切である。
そして、出来ればビタミン剤などで手軽に摂るより、
食物から摂る方が望ましいです。



乾燥肌スキンケア

乾燥肌スキンケア として・・・

乾燥しがちなアトピ?肌のスキンケアは、
清潔に保つことはもちろん、
しっかり保湿ケアをすることがとても大切です。

乾燥肌には、保湿重視のスキンケアをしましょう。
水分を補うことは当然ですが、水分の蒸散を防ぐために
セラミド入りの美容液で積極的にバリア機能を強化しましょう。

色白で肌が弱い場合は肌にとって優しい洗顔は、
スキンケアの基本です。

石鹸も保湿成分、ラノリンなどの脂肪成分を含んだ石鹸だと
乾燥が抑えられる。


これらの方法で、乾燥肌対策スキンケアをして下さい。
スポンサードリンク